遺産相続の話し合いはどうなる?

遺産分割は、基本的には遺言書があればその通りに沸けることになります。これを指定相続分といいます。遺言書がない場合は、民法で定められた法廷相続分で分けることになります。

ところが実際は相続人同士の話し合いで合意があればそれらの指定にこだわる必要はないため、財産をどのように分けても問題ありません。

遺言書の内容と異なる遺産分割をしたとしても、相続人から他の相続人に贈与があったということにはならないので、贈与税もかかりません。ただ、債務の割り当てについては債権者の承諾がいります。

法定相続分とは、遺言書がない場合、また遺言書があっても指定されていない財産があった場合に目安とするためのものです。相続税額や話し合いで合意が得られない場合の目安になるので相続人全員で理解しておく必要があります。

相続人同士の合意があれば財産の分け方はどのようにしてもかまわないのですが、実際問題として基準がないと合意が決まることは難しくなります。なので遺言も法定相続分も結局は無視できません。

このような話し合いを遺産分割協議といいます。故人が遺言で禁じた場合を除いて、いつでも開催できます。また、いつまでに遺産分割をせよという決まりもありません。故人が5年を超えない期間分割禁止をした場合は除きます。

規定はありませんが、相続税の申告期限までに終えておいた方がいいでしょう。遺産の分割ができなくても、申告期限までに申告や納付は済ませなければいけませんし、相続税の優遇措置が受けられなくなるおそれがあるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>