カテゴリー別アーカイブ: 相続のあれこれ

財産の種類がたくさんある場合は

遺産分割には3種類があります。まずは現物分割といって、個々の財産を誰に分けるかを決める方法です。一番一般的な、よく用いられる方法です。たとえばAさんには不動産を、Bさんには現金を、というように割り振っていきます。現物をそのまま分けるので、平等性が失われる可能性はあります。

次に換価分割と呼ばれる方法です。これは財産をすべて売却してお金に変えてから、現金で分配する方法です。不動産などしか財産がない場合に、うまく相続人で分けられないときに用いられる方法です。

最後が代償分割と呼ばれる方法です。ある相続人が財産をすべて相続する代わりに、他の相続人にお金を支払う方法です。

財産が現金だけの場合はともかく、不動産や事業などさまざまな財産がある場合は、適切な方法を選んでしっかりと分割していく必要があります。